ドンブラ 43話 感想 (ネタバレあり)

ドンブラ 43話 感想 (ネタバレあり)
異なるタイムラインの未来?から鬼頭と猿原がやってくる
そして2人はデキてる
この設定だけでいや絶対 マルチバース・オブ・マッドネス みて脚本書いたやろ!とツッコミたくなるが、まあまあ
どうやら別の時間軸では鬼頭と桃井はなんらか因縁を抱えているよう
しかし オミコシフェニックス は引き継いでる(もしくは元々オニがオミコシだった?)と考えると角が立つかたちでサクリファイスでもしているんだろうか...
別バースの猿原は完全に カヲル くんみたいで、 タロウ に対して「君は変わらないなあ」と話すのはなんか笑ってしまった
別世界での雉野がどうかと聞くのに頑なに答えるのを拒んでいたのをみるに、おそらくいいことにはなっていないような.....
なんかわからんけど鬼頭さんと未来鬼頭さんが同時に変身するところはなぜか異常にグッとくるものがあり、5回ぐらい繰り返しみてしまった
そして盗作疑惑の根本的な原因のなんたらナオキの正体は実は別世界の自分だったわけだが、どうやら描いていたマンガになにがしかのヒントを残してくれていったらしいことが示される
なんかこう...具体的にどうしたら何かのカタストロフを避けられるのか指南書を書いていってほしかったものだが...
(大変なことが起きる前提)
ていうかポイントシステムで休暇とれるのいいね、しかも過去で休暇をとれば休暇を開始した時点に戻れば現実時間のダメージゼロで復帰できるしよいのでは
そして次回予告、愛を知ってしまった ソノニ に唆されて獣人ナツミを殺すことを画策する犬塚、それは絶対にいい結末にはならないぞ....!
しかし、ソノニが重症を負っていそうなシーンもあって一体全体どうなってしまうのか....
ナツミはもうミホじゃないと雉野の精神がもたないし、犬塚はソノニとそこそこ相性いいんだからそこがくっつくのが丸く収まるとおもうのだが......( テラハ脳 )