作品が直接的に描いているテーマとそれを受け取る自分の感情との間に、何らかの見立てが必要になり、没入感が殺がれている」というのが自分の『ブラックパンサー』